−歌パロShort story−

『天地無用!』
by Sin

 私の目の前を通り過ぎていく人…
 何故かいつも女の子達に追いかけられている。

 貴方が悪いわけじゃないのだから知らん顔していればいいのに、人のいい貴方はそんなそぶりも見せられないのね。
 女って狡いものなのよ。
 いつでも男だけが痛い目に会わされているの。
 息を切らせて駈けていく彼を心の中で応援する。
 さあ、早く逃げるのよ。

 女から近づいて誘いをかけてきたくせに、いざとなったら『男なら責任を取れ』なんて言われるのよね。
 本当はね、始めからそれを狙っているの。
 男に気付かせずに、み〜んな奪っていくわ。なにもかも…未来さえも…ね。
 女って、怖いものなのよ。

 始めは『貴方の為なら私…なんだって出来るわ』なんて言っていても、ほら、良く自分の周りを見回してごらんなさい。
 いつの間にか立場が逆さまになってるでしょう?
 もうそろそろ気付いてもいい頃よ。
 ほら、気付いて!
 貴方はもっと違う未来を夢見ていたはずよ。

− こんなはずじゃない! −

 そう言ってしまえばいいの。

 貴方のせいじゃない。だから知らん顔していればいいわ。
 女って悲しくなくても泣けるのよ?

 涙を見せられたくらいでオロオロしてちゃ、人生まで奪われちゃうわ。
 さあ、振り返らないで。
 早く逃げるのよ。

 『愛』なんて『幸せ』となにも関係ないわ。
 与えても…捧げても…まだ物足りないのよ。

 男の子が『気後れ』と『気配り』を始めたその頃から、少年は少しずつ女の奴隷になっていくの。
 女の子だからって遠慮したり、女の子の為に…なんて考え始めたら、うまく騙されていくわ。
 働いて…働きすぎるくらいに働いて……そして得た物は、み〜んな吸い取られて…
 あとは…死ぬだけ……

 貴方のせいじゃない。だからそんな情けない顔をしないで。

 今、貴方が奪われそうになってる唇。
 気付いてる? 唇と一緒に、貴方の人生も奪われようとしているのよ。

 ほら、今ならまだ間に合うわ。

 下手に同情したり、遠慮したりしてちゃダメ。
 またうまく騙されていくわ。
 天と地も見えない程に貴方の人生がねじれてしまう前に…

 さあ、早く逃げなさい。
 


戻る