−歌パロShort story− ロード全章SS
ロード 〜第四章〜

by Sin

 風が少しずつ暖かくなっていく。
 本当なら、もうすぐ俺も父親になるはずだったのに・・
 春は雪を溶かし・・君だけを想い出にしてしまった。

 抱きしめると、俺の腕が余ってしまうほど華奢だった君の身体。
 壊してしまいそうで、抱き寄せているはずの俺の方が逆に震えて、まるで母親に抱かれる子供みたいだった。

 君は君の涙・・俺は俺の涙・・
 過去に零れた違う二つの涙・・
 重なった二つの涙・・

 頬に・・そして心に落ちて・・傷を流していった・・

 いつも無気力に過ごしていた。
 夢も、未来さえも考えられずに・・

 この小さな部屋で、夢を見る事さえも許されない愛だと罪に感じていた。
 未来も見えず、なにもできない俺・・
 明日も見えない道を歩いてきたけれど、こんな俺に君は、
「だったら・・私を守って欲しい・・」
 そう言ってくれていた・・

 周りがなんて言おうと、君がいたから・・君と出会う事が出来たから・・
 俺は生まれ変われた。
 君が俺の全てを変えたんだ・・

 
「もう少しで、亮治もお父さんだね」
 そう言って笑っていた悠子。
 けれど・・長い2人の冬も終わり、幸せが通り過ぎてしまったあの夜・・

 カレンダーの印を見ては、「あと半年だね」と言っていた君の、その瞬間にはずっと側にいてあげる約束だったのに・・

 君は君の命・・俺は俺の命・・
 そして、君の中に息づいていたもう一つの命・・
 失くしてしまった・・二つの・・命・・

 白いベットに横たわる君・・

 早すぎるだろう・・?
 俺は呟く・・

 いつも先に歩いてしまう俺の腕を掴んで、
「置いていかないでよ」と、いつも言っていたのは・・君じゃないか・・
 俺を・・置いていかないでくれよ・・・

 
 もうすぐ俺も父親になるはずが、春は雪を溶かし・・
 君だけを想い出にしてしまった。

 でも・・

 いつかきっと君も生まれ変われるはずだ。
 また、俺達が巡り逢い、共にこの道を歩く為に・・





戻る