−Short story−
涙は風の中に…

by Sin

あの日、あいつを失ってからどのくらい経つのだろう……

もし、あいつを一人きりにしなければ…
もし、家まで送っていれば……
もし……帰りたくないと言ったあいつを帰さない勇気が俺にあったなら……

いくら悔やんでも悔やみきれない……
今でも……信じられない……

あの、帰り際に見せた寂しそうな微笑みが……
まさかあいつを見る最後になるなんて……

あの日…
俺の部屋を出てから駅までの間に、あいつは轢き逃げされて…命を落とした……

未だに捕まらない犯人……
だが、俺は絶対に諦めない……

必ず……あいつの仇を取る……

そして俺はまたバイクに跨って夜の街を走る。

復讐……

あいつがそんなこと望まないのは百も承知だ……

切り裂く風の音があいつの泣き声に聞こえる……

だが、俺は走り続ける……
たとえどんな奈落に落ちようとも……
あいつともう一度出会える……その日まで………





         戻る     TOP