−Short story−
心の鍵

by Sin

全てが嫌になったあの日、俺は心に鍵をかけた。

何も受け入れず、誰にも明かさない……
そうしていれば、何も…失うことはないから……

だけど、ある時を境にして、それは変わった……

あの日……君と出会った日から、俺の扉は少しずつ開き始めた。

失うことの恐れが……消えていく……

いや……それ以上に……この扉の中の物全てを失っても……
かまわないとさえ思えるようになっていた……

そして君と出会って1年……

俺の扉は君の前でだけはかなり大きく開き始めた。
君を……君の全てを受け入れる為……

そして……『俺』を君に知って貰う為に……

今日、俺は君に渡す…
全てを閉ざしてきた…心の鍵を……

「君が…好きだ……」

その言葉を添えて……





         戻る     TOP