−Short story−
からっぽのグラスの中で

by Sin

 風が、俺達の間を吹き抜けていく。
 夏美とつきあい始めて、もう3年になるけど・・いまだに俺達の間には
遠慮がつきまとっていた・・

 こうして手を握って歩くだけでもどれだけかかったか・・

「ねえ、どうしたの?」
 ボンヤリと考え事をしながら歩く俺に、夏美が声をかけてきた。
 いつもの事だが・・これだけ近距離まで顔を近づけてくるのに・・
どうしてキスの一つもできないんだろう・・

 そんな事を考えながら、覗き込んでいる夏美の頬を突っついた。

「もぉ、昇平くんっ! こんなに可愛い子が隣にいるってのに、ぼーっと
してちゃダメじゃない」
 そう言って、ぷーっと頬をふくらます夏美。
 ホント、こうしてると可愛いよな、こいつ。

 もう、どれだけ繰り返しただろう・・2人で出かけて、帰りにいつもの喫茶店へ・・

 でも・・今日はちょっと違ってた・・

「ふふっ、これ、一度やってみたかったんだ〜♪」
 夏美はそう言ってはしゃいでいる。
 なにかのドラマで、恋人同士が一つのグラスに2本のストローを差して、一緒に・・
 それを真似したかったらしい。

 一杯のジュースなんて、2人で飲んだらすぐに無くなっちまう。
 すっかりからっぽになったグラスの底にちょっとだけ残ったジュースを名残惜しそうに
吸っていた2人のストローがくっついて・・

ちゅっ・・

「「あ・・・」」

 なにげないほんの一瞬の出来事・・

 からっぽのグラスの中で・・一瞬だけの・・ストロー越しのキス・・

 照れくさくなってうつむいた俺達の横で、グラスに残った氷が静かに音を立てて
溶け落ちた・・






戻る