Short Short 劇場
<<斬魔大聖デモンベイン>>

第13幕
『掘る?』

 デモンベインに迫る、破壊ロボの巨大ドリル。
 必死にかわし続ける九郎の耳に、ドクター・ウエストの高笑いが響いた。

「えりゃ〜っはっはっは! この吾輩のドリルで、掘って、掘って、掘りまくってやるのであ〜る!」
「掘るって言うな! 男に言われると、スッゲェ嫌な響きだ!!」
「何がだ?」

 何気なく呟いたアルの言葉に、九郎、ウェスト、共に硬直する。

「あ、いや…その……」
「き、き、気にすることはないのである……」
「そ、そうそう。アルが気にする事じゃ…」
「なんだ、汝等……何を言っておる?」

 首を傾げて見つめてくるアルの姿に、九郎の足下には汗がダラダラと……

「ほんとに、何が言いたいんでしょう?」

 同時刻、司令室。

 そこでも同じように首を傾げる瑠璃の姿が。

「ウィンフィールド、彼らは何を言っているのです?」
「は、あ、い、いや……お嬢様、それは聞かない方が宜しいかと……」
「何故です?」
「な、何故と言われましても……」
「……? 掘るって言う言葉に何かおかしな所でもあるのですか?」
「お、お嬢様!?」
 瑠璃の言葉に、思わず顔が赤くなるウィンフィールド。

「うっわぁ、お嬢様ってば、過激ですぅ〜♪」
「知らんっちゅ〜のは、恐ろしいもんやなぁ…」
「不潔……」

 その様子に、三者三様の反応を見せるメイド達。

「だから、いったいどういう事なのだ、九郎! 男が掘ったら何がおかしいのだ!?」
「ウィンフィールド! いい加減に答えなさい! ……ああ、もう! 大十字さん!」
「は、はいっ!?」
「いったい、何が言いたいのです!? 掘るとか掘られるとか、いったい何だと言うのです!?」
「い、いや、だ、だから………」
「九郎!!」
「大十字さん!!」

 両方からの攻めに、ついに九郎は我慢の限界を越えた。

「だああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ! 掘るって言うなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

 その日、いつの間にやらウェストの姿は消え、九郎、アル、瑠璃の声がデモンベインのスピーカーを通して、アーカムシティー全土に響き渡るのだった……


 後日、事実を知った瑠璃は……

「わ、私……もうお嫁に行けませんわ……しくしく……」

 と、三日の間、部屋に閉じこもり、アルは…

「何でさっさと言わないか、このうつけがぁぁぁぁぁぁッ!!」

 真っ赤になって九郎に八つ当たりを繰り返す。

「なんで俺がこんな目にぃぃぃぃぃ……」

 結局、いつものようにお星様になる九郎だった……


 戻る