Short Short 劇場
<<斬魔大聖デモンベイン>>

第4幕
『疑問』

「う〜ん………」
「どうしたの、九郎ちゃん?」
「う〜〜〜〜〜〜〜ん…………」
「………アルちゃん、九郎ちゃんってば何か悪い物でも食べたの?」
「知らん。今朝からずっとこの調子だ。こっちが滅入ってくる。おい、九郎。いい加減に返事をせんか」
「ううううううぅぅぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜ん……」
「一体何なのだ、九郎! 言いたいことがあるのなら、ハッキリと言わぬか!」
「……アル、訊きたいことがある」
「やっと答えおったか……で、なんだ?」
「ライカさんって……シスターだよな?」
「それがなんだと言うのだ?」
「……あのさ…シスターってのは、清純…なものだよな?」
「当然だ。神に仕える身とか言ってる輩だ。汚れていては話にならんだろう」
「……じゃあ、なんでライカさんが成れるんだ?」
「何を言いたい?」
「ひっど〜い、九郎ちゃん、私が汚れてるなんて言うつもりなの!?」
「………思い出してみろ、アル。お前と始めて逢った時、ライカさんはなんて言った?俺のことを」
「……………ふむ」
「あ〜〜〜っ、アルちゃんまで納得した顔してる〜〜〜〜っ!!」
「………確かに…九郎の言いたいことは判る……」
「だろ?」
「……シスターに対する認識を、少々改めねばならぬな」
「よよよよよ……九郎ちゃんも、アルちゃんも酷いわ……そんな目で私のこと見ていたなんてぇぇぇぇっ」
「だってさ……ライカさん、俺がアルを連れてきた時に言ったんだぜ?」

―― だ、駄目よ、みんな! 今の九郎ちゃんは危険なの変態なの異常者なのぉぉぉっ! 瞳から生気を失うまで散々嬲られ、それならまだしも、両手両足切り落としてダルマプレイだとか内蔵プレイだとか………そんなレザーフェイスも思わず後退ってゲーゲー吐いちゃうほど九郎さんの脳内はエロエロのグログロなのよぉぉぉぉぉぉっ!!
(斬魔大聖1シーンより。機神咆吼ではカットされている)

「あれが、聖職者の言葉!?」
「あ、え〜っと……お昼、食べてく?」
「わ〜い」
「って、簡単に誤魔化されるな、うつけが!!」

「め〜し、め〜し、めしめしめっし〜♪」
「う……く……な、汝はぁぁぁぁ……」
「うふふ、はいはい、ちょっと待っててね〜♪」
「何事もなかったかのように流す許奴等の頭、一度切り開いて中身調べてやろうか……」

 楽しげな九郎とライカの様子を、ジト目で見つめるアルの背に哀愁が漂っていた…


 戻る