Short Short 劇場
<<斬魔大聖デモンベイン>>

第2幕
『意外な使い道』

「アル、なんでそんなにショゴスベッドが気に入ってるんだ?」
「何故と言われても……落ち着くから…としか言えんな……」
「俺としては、不気味としか思えんのだが……」
「……それに…」
「それに?」
「汝の相手をするには……その…ダンセイニの力を借りねば、ちと辛い…」
「へ?」
「判っておらぬのか? 汝の精力は底なしだ! いくら妾が人とは違う身とはいえ、あれでは到底身体を支えきれぬ」
「んじゃあ……」
「………実は…その……ショゴスには……」
「なんだ?」
「……耳を……」
「ん?」
「だから……でな、それで……」
「な、な、なっ、ダ、ダンセイニにそんな力がっ!?」
「うむ……そうでなくて……汝の相手が勤まる訳が無かろう……このうつけ!色情狂!」
「く………あ、ッてことは……ダンセイニさえいれば、限度関係なく……」
「なぁぁぁっ!? そ、それは駄目だ! それは拙いッ!! い、いくら妾でも今以上に……」
「ダンセイニ、とりあえず、頼むぞ」
「てけり・り」
「ちょっ、ま、待て、待て待て待て待て待てぇぇぇぇぇぇっ!!」
「待たない」
「や、やめっ………やめ………―――――――――――――――――――っ!!」

 アルが解放されたのは、それから数日後のことだった……

 ―ショゴスの力― 精力無限供給


 戻る