−相互リンク記念 Short story−
季節外れの桜吹雪

by Sin


 人気の無い駅。
 駅員もいないこの無人の駅前で、1人の少年がじっとホームを見つめていた。
 30分置きに来る電車にも乗ろうとはせず、やがて駅の明かりが消え去っても、少年はその場から動こうとはしない。
 辺りはすっかり夜の帳に包まれ、もうすぐ春も来ようかという3月の中頃だというのに、駅には冷たい北風が吹き荒れていた。

「・・・沙奈・・」

 呟く少年の声は震えている。
 手に握りしめた1枚のハンカチ。彼の物にしてはやけに可愛らしいデザインだ。

「・・沙奈・・」

 再び呟く。
 それは、大切な・・彼にとって最も大切な人の名前・・
 そして・・二度とは戻る事のない・・幸せの記憶・・

 全ては・・3日前の事だった・・

 一緒に出かける約束の場所。
 いつもなら彼よりも30分は早く来て、待つ時間さえも楽しんでいた彼女。
 だが、その日は・・いくら待っても、彼女がやってくる事はなかった・・

 電話も繋がらない。
 家に電話しても、誰も出ない。
 不安になった彼は、彼女の家へと向かい・・そして・・・・

 炎に包まれた彼女の家を見た。

「ーーーーーーーーーっ!?」

 それは悲鳴だったのだろうか・・?
 それとも、彼女の名を叫んだのだろうか・・?
 彼にはそれも分からなかった・・

 それから1時間後・・
 ようやく消えた炎は、すっかり彼女の家を焼き尽くしていた。

「・・沙奈・・・沙奈ぁぁっ!!」
 叫び・・
 彼は、止める消防隊員や警察の間をかいくぐり、家の中に飛び込んだ。

「沙奈・・どこだ、沙奈っ!!」

 必死に探す愛しい人の姿。
 だが、どこにも彼女の姿は見当たらない。

 その時、彼はなにかに躓いて転んだ。

「うっ・・なんだ・・?」

 自分の足に引っかけた物。
 それは・・見覚えのあるネックレスと・・真っ黒に焼け焦げた人の腕だった・・

「・・・・・なん・・・だ・・? なんだよ・・・これ・・・・?」
 頭の中が真っ白になる。
 彼女の笑顔が・・膨れっ面が・・幾つもの表情を浮かべる彼女の姿が浮かんでは消えていく。
「嘘・・だろ・・? なんで・・だよ・・なんで・・・なんでだよ・・っ!!」

 浮かぶのは涙・・そして・・絶叫・・・
 哀しみが・・彼のあらゆる枷を打ち崩し・・
 全てが真っ黒に塗りつぶされて・・・彼の意識は途絶えた・・

「・・・沙奈・・」
 再び呟く少年・・
 彼の手の中にあるハンカチ・・3日前のあの前日の朝、彼女から借りた・・そして・・

「馬鹿野郎・・形見にする為に・・借りたんじゃ・・ねぇぞ・・・」

 また溢れてくる涙。
 それを何度も・・何度も拭って・・
 
 その時、ふと彼は近づいてくる人の気配に気付いた。

「・・・誰・・だ?」

 暗闇の中、狂い咲きした桜が季節外れの桜吹雪を舞わせている。
 その中をゆっくりと歩いてくる人影。

 やがて街灯の下まで来た瞬間、少年は息を呑んだ。

「・・・さ・・・沙奈・・!?」

 目を疑う。
 焼け死んだはずの少女。
 だが、今、目の前には確かに彼女の姿があった。
 痛々しい程に包帯だらけの姿で、彼女は間違いなくそこに立っていた。

「・・ここにいるって・・聞いたから・・」
 そう言って微笑む彼女は、ゆっくりと少年の元へと歩み寄ってくる。

「嘘だ・・・沙奈は・・」
「生きてる・・よ。ほら・・」
 後退る少年の手をギュッと握りしめる少女。

 伝わってくる温もり。
 それは命の証・・

「・・・生きて・・いるのか・・? 幽霊・・じゃ・・」
「足があって、体温があって、透き通ってもいない、こんな幽霊いるのかしら?」
 戸惑うように聞いてくる少年に、クスクス笑いながら少女は聞き返した。

 感情の爆発。
 その瞬間、少年は初めてその言葉の意味を知った。

「さ、沙奈ぁぁぁぁぁっ!!」
「きゃっ!?」
 突然、抱きしめられて少女は軽く悲鳴を上げる。
 激しすぎる程に強く抱きしめられて、彼女は苦しそうに身じろいだ。
「い、痛いよ・・」
 そんな抗議の言葉も聞こえないかのように、少年は力一杯彼女を抱きしめる。

「洸太・・くん・・」
 戸惑いながら、少女は彼の名を呟く。
 そしてそっと彼の背中に手を回して抱きしめた。

 夜の闇の中、2つの影は1つになったまま、なかなか動こうとはしなかった。

 それからしばらくして・・
 ようやく落ち着いた少年は、彼女の説明を聞いた。

 それによると、あの火事の時、彼女も同じように炎に巻かれたのだが、彼女の父によって床下の小さな保存庫へと逃がされ、あちこちに酷い火傷を負ったものの、一命は取り留める事が出来たということだった。

「でも・・私を助けてくれたお父さんも・・お母さんも・・」
 そう言って涙を浮かべる彼女を、少年はしっかりと抱きしめた。

「・・・俺が・・ずっとお前を守るよ・・」
「えっ・・?」
 突然の彼の言葉に、少女は一瞬何を言われたのか分からず、聞き返した。

「沙奈の親父さんの分まで・・俺がお前を守る・・だから・・」
「だから・・?」
「・・一生・・側にいてくれ・・もう二度と・・お前を失いたくない・・」
「洸太・・くん・・」
 抱きしめてくる彼の腕の中、戸惑いを隠せない少女。
 だが、やがて・・・

「ありがとう・・・洸太くん・・」
 恥ずかしげにそう言うと、彼女は少年の胸に頬を寄せてゆっくりと瞳を閉じた。

 冷たく吹き荒れていた風はいつの間にか柔らかなそよ風となり、2人の周りには美しい花吹雪が舞っていた。

「ずっと・・ずっと一緒にいてね・・」
「いつまでも・・何があっても・・一緒だ・・」
「うん・・」

 重なる2つの影。
 辺りを舞う美しい桜吹雪。

 幻想的な光景の中でまるで奇跡のような物語が・・今、ひとつの幕を下ろした・・







戻る