−相互リンク記念 斬魔大聖デモンベインSS −
夢幻
by Sin

 微かに響くなにかの音…
「んぅ……九郎…?」
 呟いて、ゆっくりと目を開いたアルは、ぼんやりと辺りを見回す。
 その虚ろな瞳に映ったものは…
 見慣れた光景……ではなかった。
「………ん? …な、なっ!?」
 
 慌てて飛び起きるアル。
 そして改めて周りを見回したが、その光景が変わる事はない。

「な、何故……ここは……ここは、デモンベインの中ではないか!?」

 手に触れる感触。
 それは紛れもなく、あの最終決戦を共に戦い抜いた友、デモンベインの感触だった。

「そんな…そんな訳があるか! 妾はアーカムシティーで九郎と再会して…いつも…いつも九郎に抱かれて……そうだ、ついさっきまで、いつものように……」

 身体に残された温もりの記憶……
 だが、それが真実なのか、アルには解らなくなってきた。

「……そう…だ……く…九郎は?」
 辺りを見回し、必死に気配を探っても、どこにも彼の気配は感じられない。
 いや、それどころか、自分以外の気配をまるで感じないのだ。

「嘘…そんなの……嘘…っ……全ては…夢だったとでも言うのか……九郎と再び出会えた事も…小娘やライカ達と笑いあえた事も……っ!」
 
 声が震える。
 視界に映るのは、完全に機能を停止しているデモンベインのコクピットだけ…
 呆然と見つめていたアルだったが、やがてその光景がボンヤリと霞んできた。

「う……くっ……妾は…ひっく……妾は……っ……」

 服の裾をぐっと握りしめていた手に、滴り落ちる涙。
 それは留まる事を知らず、嗚咽がデモンベインの中に響く…

「耐えられるものか……あれが……あの幸せが……夢だったなど……そんな事…そんな事、耐えられる訳がないではないかぁぁっ!!」
 泣きじゃくるアル。
 誰の目を憚る事もなく、ただ1人、その嗚咽以外に音のない世界でアルは泣き続けた。


「九郎……九郎っ……九郎…九郎……っ…………九郎―――――っ!!」

 ――慟哭。

 しかし…その瞬間――なにかがひび割れるような音が……

 そして………

 まるでステンドグラスが砕け散るように、世界が……砕け散った……

「―――――っ!?」

 辺りを包むのは闇。
 全てを閉ざし、あらゆる光を飲み込むかのように広がる闇……

 だが、その彼方にたった1つの光が――

「あれ……は?」

 アルがその光を意識した瞬間――

 眩いばかりの光がアルを包み込む…

「あ、あ……あぁっ……」
 自分という存在がかき消されてしまうような恐怖に、アルは叫ぶ……
 
 あらゆる存在の中で…最も求める者の名を……
「九郎……九郎―――――っ!!」

 その瞬間…全ては光に包まれ……


 ……微かに聞こえる音……

 鳥の鳴き声……
 
 車の排気音……

 そして……

 街が奏でる…生命の音……

「うぅ……っ…」

 恐る恐る目を開くアル。
 そこには……見慣れた探偵事務所の薄汚れた天井があった。

「……夢……?」
 ゆっくりと身を起こす。
 それと共に身体にかけられていたシーツが滑り落ち、隠されていた白い肌をさらけ出した。一糸纏わぬ己の姿に、アルは慌てて胸元を隠す。

「妾は……」
 ふと、思い出す、眠る前のひととき。
 幾度も九郎と身体を重ね、その温もりを分け合ったその瞬間を…

 かぁっとアルの全身が熱くなる。
 頬は真っ赤に染まり、今やそれは首筋にまで到っていた。

「九郎……?」

 辺りを見回してみるが、姿が見当たらない。
 今まで一度も、アルが眠っている間に、どこかに行ってしまう事など無かったのに。

「何処……何処に居るのだ、九郎……?」

 不安が募る。
 夢がまるで現実になってしまったかのような気がして仕方がない。

 事務所も、キッチンも調べた。
 もう他に部屋はない。つまりここに九郎は居ないという事……
 それを知った瞬間、いい知れない不安がアルの中で膨れ上がる。

 流れ落ちる滴……

 溢れ出した涙が、アルの頬を包み込む。

「九郎……妾を1人にしないで……九郎……っ」

 嗚咽を漏らし始めたその時だった。

「………?」

 微かに聞こえる水音。

 まだ見ていない場所が1箇所あったことに気付いたアルは……バスルームの扉に駆け寄ると、全力で開く。

 そして……そこには……

「ん? ああ、起きたのか、アル」

 求め続けたその姿が……

「……う……うぅっ……」
 なんとか言いたいのに、言葉にならない。
 震える唇。溢れる涙が、足下を濡らす。

「お、おい、どうしたんだ?」

 そっと、九郎の手が肩に触れた瞬間。

「九郎――――――――――っ!!」
「うわっ!? ・・ってぇぇぇっ! ア、アル!? なんだよ、どうしたってんだ?」

 バスルームの床に押し倒されてしまった九郎は、打ち付けた尻の痛みに顔をしかめながら、泣きじゃくるアルの様子に戸惑いを隠せずにいた。

「妾は……妾はもう、1人は嫌だ……九郎が側にいてくれなければ、もう耐えられない! 九郎っ、妾を離すな!! 離さないで……九郎っ!!」
「ア、アル……」
 訳が解らない九郎だったが、震えながら泣き続けるアルの様子に何かを感じて、ギュッと力強くその身体を抱きしめた。
 シーツに包まれたアルの身体にシャワーが降り注ぎ、その肌の色を透かしていく…

 しばらくの時が流れ…アルの泣き声が治まってきた頃……
 九郎はゆっくりとアルの身体に絡みついたシーツを剥がし、その裸身を優しく撫でるようにしながら、そっと唇を奪った。

「ん……ぅ……んん…ッ……九郎……」

 涙に濡れた瞳で見つめる、アル。
 幾度も2人は唇を重ね合い、吐息を混ぜあった。

 そして……

「九郎……」
「やな夢でも見たのか?」
「……うむ…あの頃の…独りぼっちだった頃の……」
 俯くアルの瞳から溢れかけた涙に九郎はそっと口付ける。
「……心配するな…俺は絶対にお前を1人になんてしないから…」
「………九郎…」
 愛しくて…切なくて……
 アルの心に溢れていた哀しみは…
 いつの間にかすっかり消え失せていた……

「…汝を選んで…汝を愛して…本当に良かった……汝と出会えて……妾は…世界…いや……宇宙で一番……幸せだ……」
「アル…」
「……愛してる……愛しているぞ…九郎……っ…」
「俺もだ……誰よりも、お前だけを……愛してる……」

 九郎の言葉が、アルの心を埋め尽くす……

 それは、あらゆるものの中で一番暖かく……
 それは、あらゆるものの中で一番優しく……
 それは、あらゆるものの中で一番美しく……
 それは、あらゆるものの中で一番強い想い……

「妾は…妾の全ては…汝のものだぞ……九郎……」
「ああ……解ってる……」
「絶対に……」
「離さないさ…絶対に…」
「九郎……ッ…」

 溢れる涙をそのままに、アルはまたいつものように九郎の全てを受け止める…

「九郎……ああっ、九郎…………ッ!!」

 全てを委ねきって微笑みを浮かべている、アル。
 途切れ途切れに溢れる声が響く中で、2人の心は更に強く結ばれていく…

 それは夢幻のような現実だった……




戻る